今夜だけでも有頂天に

ハイスペ女子と恋愛したいアラサー零細自営業者の活動記録です。

街コンプレイヤーとして…

今年のクリスマスが終わった。

前回の記事で書いた通り
俺はこの2日間全く予定が入っていなかった。

しかし、結果として2日間とも女性と食事することができた。

すべては24日に参加した街コンにはじまる。

当日の模様は書くのが面倒なのでご了承願いたいが
東京駅周辺で一人参加限定、
男27-33、女25-30というものだ。

この日は終盤まで手ごたえがなく焦っていた。
最後のテーブルでようやく2人組の女性と
(一人参加限定のはずが2人組が少なからずいた)
英語や韓国の話で盛り上がることができた。
そして、この後さっそくご飯行こうよと誘うと
あっさり了解をもらった。
正直彼女たちのビジュアルはB⁻といったところだが
ひとまずクリぼっちは回避できると思い心底嬉しかった。

街コンは16時すぎに終了したが、
彼女たちは整体の予約があるというので
18時半に再度会う約束をした。

俺はいったん家に帰ったあとイブに一緒にご飯を食べてくれる
2人に感謝の意をこめてクリスマスプレゼントを買うことにした。
百貨店の化粧品フロアはやはり混んでいた。
これでぶっちされたら俺は東京一哀れな男になるだろう。

俺は意気揚々と待ち合わせ場所に向かった。

 

 


予定時刻。

 

彼女たちから連絡はない。

 

 

10分、20分…

 

 

ラインを送るが既読にならない…

 

 

じわりじわりと希望が絶望に変わっていく…。

 

 

 東京一哀れな男になるかもしれない…。

 

 

 

 

しかしだ、神は俺を見捨てていなかった。

待ち合わせ時間から30分後

 

ぽろり~ん♪

「ごめんなさい!
担当の人が色々とサービスしてくれて予定より遅れました(^^;
これから急いで向かいます!」

俺はひとまず安堵した。
怒りはなかったはずだ。

 

結局当初の予定より50分遅れて合流した。
彼女たちは平謝りであったが
無事合流できたことでそれまでの葛藤はどうでもよくなった。
わずか1000円のものであるがプレゼントに声をあげて喜んでくれた。

彼女たちは27歳で2人共留学経験があり
有名企業で総合職として働くバリキャリ女性だ。

仕事、恋愛、語学、美味しいレストランの話…
彼女たちとの会話は最高に楽しかった。

1件目で解散となったが
帰りが同じ方向の子とは池袋駅のプロントで
延長戦としてお酒とケーキを食べた。

一応形式ばかりで家に誘ってみたがそれは軽くかわされた。

しかし24日にこうして女性たちとご飯が食べられて
俺の心は十分に満たされていた。

 

そして、25日。

実は前日ぶっちされたと思ったときに
自暴自棄から何らかの事件を起こさずに済んだのは
ちょうどそのタイミングで街コンで連絡先を交換していた
ほかの子とのアポが決まったからでもあった。

彼女とはそれほど話したわけではなかったが
街コン終了後に彼女のほうから連絡をくれた。
27歳の篠崎愛似で参加者のなかではかわいかった。

18時から美容院の予約をしているというので
14時からアポってカフェでお茶をし、
その後こじゃれたバルで食事をした。

持参した(前日と同じ)クリスマスプレゼントや
カフェのチョイスにも喜んでくれ嬉しかった。

どんな話の流れだったかは忘れたが
彼女は高卒であり普通の大学生がやってるような
サークルや飲み会、卒業旅行などに憧れていて
キラキラした集団をみるとコンプレックスを感じると話してくれた。

俺は一応大卒だが、自分にとって誇れるものでもなく
アポる子には場合によって学歴や経歴を詐称することもあるから
そんな自分を恥ずかしいと思ったし
彼女はなんて心がきれいな子なんだろうと感心した。

小さな会社ではあるが、
営業職として月に2回は出張もこなし、
前向きに仕事の目標を語る彼女は
俺には十分にキラキラしてみえた。

やはり仕事を頑張っている女性との食事は楽しい。
彼女とは年明けの連休にまた会うことになった。

 

アクセス解析をみるとこのブログを定期的に
チェックしてくださる方もわずかではあるが
いるようなのでその方々に報告したい。

 

俺は有言実行したよ、と。
あきらめずにクリスマスイブ当日に街コンに参加して
その結果2日間とも女性たちと楽しくご飯食べられたよ、と。

もっとも当初のひと月に1人新規女性にゴールするという
目標には程遠いものだけど、それでもしっかりと次につなげられた。

街コンプレイヤーとしての面目は躍如できたのではないだろうか。

なぜこんなことを書くかというと
来年は街コンや合コンで一緒に動いてくれる仲間が欲しいからである笑。
少なくとも街コンに関しては何らかのアドヴァイスはできるだろう。

このブログでなんとなく俺と気が合いそうだと思った方は
遠慮なく連絡をいただけるとありがたい笑。

 

 

 

 

 

 

正直に報告します。

今週末はクリスマスだ。

しかし、ここは正直に言わなければいけないだろう。

予定が全く入っていないと…

9月から恋愛市場に再び参戦してから
街コンには5回行き、ストナンも月一ペースでやってきた。
そして2-2の飲み会1回も含めると約3か月で都合10人の女の子とアポった。

結果として
ゴールできた子が1人、
同じ布団で朝まで寝たけどキスもできなかった子が1人(笑)、
キスまたはハグはしたけどグダられたのが2人。

いまはこの結果はどうでもいいだろう。
いずれにしろ年末の一大イベントである
24日と25日に誰ともアポれていないことが全てだ。

25日にはアポを取り付けていたがキャンセルされ、
24日も何人かに打診したが皆友達と女子会すると断られた。
もっとも本来であればゴールできた子や何回かアポった子と
良好な関係を構築できていればこうはならなかったはずだ。
これが現状での俺の実力なんだろう。

なかなかに反省点の多い年末となってしまった。

ただし、俺はまだあきらめてない。
24日土曜日開催の街コンに参加したいと思う。
さすがにその日のうちに即るのは難しいが
翌日にアポってゴールを狙いたい。
それが無理でも来年につなげられる子を
1人でも増やして年を越したい。

あきらめたらそこで試合終了。
最後まで粘り強くいきたい…!

 

ナンパ合流そして街コンへ。

本来であれば土曜日は女の子とのアポが入っていた。
それが街コン子にキャンセルされ
おまけに他の女の子のメンテをしてなかったために
手持ちの駒(もっと適切な表現があるはずだが…)がなかった。

ここで普通の男なら風俗に行くところだが俺はストリートに出る。
幸いにもこのブログを見て合流申請してくれた方がいたので
池袋で合流することになった。
以前やっていたブログでもたまに連絡いただいて合流してたけど
いまのブログでは初めてだったから嬉しかった。

そんでナンパ師とのナンパ談義は本当に楽しかった。

もっとも俺が偉そうにナンパの流儀を語っておきながら
全く結果を残せなかったことを記しておかないといけないだろう笑。

本当に申し訳なかった。

19時半から21時までやって10声掛けほどしかできずバンゲもゼロ。

その方が21時に帰られたので、
いったん家に帰って気持ちを入れ替え23時から再出動。

サンシャイン通りに陣取るもここでもさっぱり。
おまけに満喫の看板を見てた20歳くらいの子には
ガンシカの末に小声で

「うぜぇな、邪魔なんだよ。死ねよ!」

俺もナンパ歴はそこそこ長いけど
こんな物言いされたのは初めてだったから呆然としてしまった。

しかしこれが意外とダメージとはならなかった。
むしろ平気でこんな言葉を口にできる彼女を心配になった。
普段交わることのない世界の住人だと思うことにした。

結局20声掛けくらいしてバンゲもゼロ。
やはり非モテ感が伝播してしまったのだろうか。

深夜家に帰宅した俺はこの状況を脱すべく
日曜日開催の街コンを調べさっそく申し込んだ。

 

 

 結果、

 

 

 

街コンはやはり天国だった!

 

 

当日のレポは後日必ず報告したい。

30歳処女の子を紹介されて…

先月の街コンで知り合った23歳の子から
彼女の友達を紹介してもらった。

その友達はなんと30歳で処女!だという。

処女子はこれまでデートもほとんどしたことないから
bukuroさんと一緒にご飯でも行ってみてほしい、と言われて。

とはいえ30歳処女というのにはそれほど驚かなかった。
最近はどこぞの調査で20代、30代での
交際経験の有無が〇〇%といったものを目にすることがあるし、
実際に俺の周りには30歳童貞が少なからず存在しているからだ。

なにはともあれ問題は容姿である。
当然ある程度の覚悟は必要であり、
それが中の上以上だと今度は極端に性格に難ありということなる。

写真を見せてもらった。
たしかに地味でダサく非モテオーラ全開だったが
写真で見る限りそこまでブサイクではなかった。

これはやれる。俺は思った。

ひとまずアポることにした。
まずは紹介しくれた子の顔をつぶさないように
強引に誘い込んだり不愉快な思いをさせることは避けなければいけない。
そのうえで当日ゴールすることを念頭にデートプランを考えた。

 

アポ当日、
新宿で待ち合わせ。

 

 

彼女はふつうにブサイクだった…

 

 

ストリートでは絶対に声をかけないレベルだ。
写真は加工していたと思う。
(後にsnowというアプリの存在を知ることになる…)

 

俺は心のなかで泣いた。
23歳の子は俺とこの処女子が釣り合うと思って
紹介してくれたのだろうか。
いや単に男性と2人で食事する経験を積んでほしいと思って
俺を呼んだのだと思いたい。

正直そこそこオシャレなお店で一緒に食事するのも恥ずかしい。
ちなみにこの日は以前の週刊金融日記
新宿プロトコルとして紹介されていたスペインバルの一店に行ったが
内装、料理ともに安っぽくここはないなと思った次第だ。
やはり何事も自分の目で確認することが大事。

安っぽい店での非モテ女子とのご飯。。。

ここから滝沢カレンのような美人で、
なおかつ仕事もしっかりしている
ハイスペ美女とお付き合いできる日が来るのだろうか…。
気が遠くなるような思いがした。。。

しかし目の前の女性を喜ばせることができないで
ハイスペ美女にモテることなど無理なはずだ。

がんばって会話を盛り上げた。
仕事の話、趣味の話、地元の話…、
過去の恋愛遍歴(特になかった)、
理想のタイプ(これも特になかった)、
男性のどういう仕草にドキッとするか(分からないといわれた)…。

アポの最中考えていたことは一つだ。
彼女とやれるかやれないか。
結論としてはブサイクとはいえやれることはやれる。
(彼女の胸が大きかったのが幸いした)。
そして彼女も多少なりとも期待しているのではないかという希望的観測。


2軒目のバーでそれっぽいトークをしていく。
男性経験の有無、
理想のキス、初体験、
一人でいる時ムラムラすることはないか…。
かなり際どいトークにも真面目に答えてくれたw

これはいけるかもしれないと思ったが
バーで非モテ女子を必死に口説いている
自分の姿に再び心のなかで泣いた。

こうやって男の人に手を握られるのはどんな感じ?
手を握る。
彼女はまだ緊張している。
ラポール形成には時間が短かった。
連れ出し打診は断られた笑。

「bukuroさんがどうって訳じゃないですけどまだ会ったばかりですし、
過去に痴漢にあったことがあって男性不信でなんちゃら…」

 

今回は連れ出しできなかったことはどうでもいいが
非モテ女子を紹介されたことが何より悔しかった。
今日の一件を糧にさらに自分磨きをしていい男になりたい。
そして綺麗な子を紹介してもらえるような男になるぞ…!

 

ナンパ近況

10月後半土曜日。
23時半。
サンシャイン通りで声掛け。
「飲んできたの?何か甘いもの食べたくなく?おごるよ」
7声掛けくらいで連れ出し成功。
所要時間2分くらいか。
適当な居酒屋に連れ出したかったが本人の希望でジョナサンへ。

たしか26歳の保育士。
ホンマでっか!?TVの牛窪恵似の美人。
東京たられば娘の話題で盛り上がるも
コミュ力不足により45分ほどで解散することに。
ライン交換したがつながるかは微妙。

 

10月後半週末。
乃〇坂46の握手会。
俺はたびたび握手会に参加してきたが
これまで彼女がいたこともあり
握手会に来てる女の子に声をかけるという発想がなかった。
なんて勿体ないことをしていたのだろう。

自分の握手を終えるとさっそく帰り道で
一人で来てるっぽい女の子を探す。
ちなみに乃〇坂の握手会には女の子も2割ほど来ているし、
メンバーがファッション誌のモデルをしていることもあってか
ふつうにかわいい子が多い。

さっそく一人で会場を出てきた子に声掛け。

「こんにちは。もしかして乃〇坂の握手会に来てたの?」

「…はい」

「そうなんだ。俺もそうなんだけど今日初めて来てさ…」

「えっ握手は誰としたの?」

「〇〇」

一人目でさっそくオープン。
やはり同じイベントに参加したという共通点があると
ここまでは余裕だ。
これは今後やらない手はないだろう(笑)。

彼女は22歳の大学生(乃木坂46伊藤かりん似)。
街コンではけっして出会えない物件だ。
駅までの道中お互いのことを話す。
乃〇坂を好きになったきっかけ…、
握手会でのエピソード…、
就活…

本当はカフェにでも入りたかったが
この日は俺が友達と来ていたため
(俺は友達を待たせてナンパしたいた笑)
駅でライン交換して解散。
ラインの返事もちゃんとくれるいい子だった。

これはシリーズ化して今後も続けていきたい笑

 

さくっと目標クリア

彼女と別れ再び恋愛プレイヤーになることを後押ししてくれたのは、
間違いなく藤沢数希氏の「ぼく愛」とメルマガ、
そして彼の影響を受けた恋愛工学生?によるブログだ。

恋愛工学生のブログにはこんなに面白く、かつ有益な内容を書ける
一般人がいるのかと感心するようなエントリがたくさんある。
俺は貪るように読み込んで、今後の参考にさせてもらうことにした。

特にケーゴさんという有名な恋愛工学生のブログはすごい。
恋愛工学でいうところのACSモデル(詳しくは書籍参照)の
Seduction(性的誘惑)フェーズ、そしてグダ崩しの具体的なやり取りが
書かれておりさっそく先日のアポで取り入れさせてもらった。

銀座でのおひとり様限定街コンで出会った
アラサーSE(乃木坂46川村真洋似)とのアポ。
街コン翌週の土曜日、場所は新大久保。
俺はアポに新大久保を多用する。
その理由は後日のエントリーで。

17時45分、駅前で待ち合わせ。
街コンの時よりも化粧がナチュラルで一瞬分からない。
やはり川村真洋を若干ふっくらさせたアラサーだ。
S,A,B,Cでランク付けするとBといったところか。

軽くあいさつを済ませ人ごみをかき分け予約したお店へ。
店内は騒々しく雰囲気もへったくれもない。
しかしまあこれが狙いなのだが。
ここでは互いの仕事の話を中心に会話を進める。
彼女は理系の大学院を出て今は大手企業のSEだ。
残業も多く会社のストレスチェックにひっかかり
翌週には心療内科に行くという。
やはり独身キャリアウーマンは疲れている。

俺との食事が彼女にとってのひと時の癒しになってくれれば嬉しいのだが。

1時間半ほどでチェックし、タクシーで新宿の某ビジネスホテルへ。
ここの屋上はテラスで夜景を見ながらお酒が飲める。
まあ夜景といっても正直しょぼいものだけど…。

夜風にあたりながら2人で話す。
恋愛遍歴、
理想の結婚相手、
都内で2人で住むならどこがいいか…etc

彼女は理系の大学院に在籍していたこともあって
恋愛経験は少なく彼氏もこれまで二人しかいなかった。

俺もさりげなくアプローチする。
街コンで川村が一番きれいだと思った、
他に連絡先はたくさん交換したけど
川村以外には会うつもりはない…etc

2時間ほど過ごしたか、
会計は彼女がもってくれた。

1Fまで降りるエレベーターのなかで
キスを仕掛けるほどの力量はまだない。

しかし恋愛プレイヤーとしてひと月に一人新規をゲットするとの
目標を立てたからには勝負をしなければいけない。
無論失敗したとしても俺に失うものなどない。

 

「このあとどうする?」

 

「まだ21時なんだね、どうしようかな」

 

「もうちょっと一緒にいたいんだけどさ…」

 

「まだ時間あるし池〇に移動してもう一杯どう?」

 

「いいよ」

 

あっさりと決まった。
自宅が〇袋という話は事前にしてある。
家に行こうとは誘ってないが、
結局誘われるだろうということは大人なら織込み済みのはずだ。
ちなみに周辺にはラブホテルが無数にあるが、
タクシーで帰った方が安上がりなので俺は家派だ笑。

池〇到着。コンビニで缶ビールを買う。
グダることなくマンションに入る。
マンションの共有施設などを紹介し
いよいよ部屋に。ここで彼女が

 

「一杯飲んでいくだけだからね」

 

予め予防線を張るような発言に
万事が順調に進むわけではないことを自覚する。

部屋に入ると彼女は本棚を一通りチェックする。
ドストエフスキーがどうとか…
韓国語がどうとか…

もどかしく、白々しい時間がすぎていく。

俺は意を決しソファーに彼女を誘う

 

「男の人の部屋に来るってことはそういうことになるよね」

 

肩に手を回す

ノーグダ

キス

グダ

 

ここでケーゴ氏のブログを参考に俺の想いを、
いや正確にいうとケーゴ氏のフレーズを並べ立てる。
俺は気に入ったフレーズを携帯にメモするくらい
彼のブログを参考にしている笑。

 

 

再びキス

ノーグダ

さらに進める

グダ

 

 

「正直いまこの展開にどうしていいかわからない」

「今日はキスまでにしようよ」

 

 

もう一度ケーゴ氏のフレーズを参考に気持ちを伝える。

 

 

グダ崩し成功
彼女の方から下を絡ませてくる

 

 

 

10月に恋愛プレイヤーとしてリスタートしてさっそく目標クリアだ。

成功の要因はひとえに成功者のまねすること
これは勉強にしても仕事にしても同じだ。
まねからスタートし、成功体験を重ねる。
そこでようやく自分流のアレンジやスタイルを構築すればいい。

しかし思い返してみると20代前半の
ナンパして即や準即に成功した時を思い出してみると
自然と恋愛工学を駆使していたように思う。

自分で言うのはあれだが
俺はもともと恋愛プレイヤーとしての素質が十分にあったのだ笑。

来月も精進していきたい。

おひとりさまparty@有楽町

f:id:bukuromote:20161021192654j:plain

またしても街コン参加。。。

とにかく出会いの絶対数が必要なのだ。
若かりし頃はストナンに繰り出していた。
しかし、アラサーとなった今ではお金を出して
街コンでてっとり早く出会う方が効率的だ。

前回の失敗を生かし今回は1人参加限定の街コンに参加。

場所は有楽町となっているがどちらかというと銀座寄りだ。
受付を済ませ会場に入ると大テーブルが6つ、
そこに男女が6~7人振り分けられる。
定員は男40・女40。若干ではあるが女性の方が少なかった。

乾杯の前に隣にいた女性にさっそく話しかけ
スタートダッシュ成功(笑)。

13時30分になり司会の挨拶のとともに乾杯。
最初のテーブルでは一人ずつ挨拶をしていったが
離れている人の声は聞こえず無駄な時間に思えた。
そのためか2巡目からはなし崩し的に話したい人と話すことに。
同じテーブルの男たちに戦闘能力が高そうな男はいない。

流れとしては15分~20分で男性陣が隣のテーブルに移動し、
女性陣はそれを待ち受ける形になる。

つまりテーブル移動の時の場所取りが肝心。
選球眼と機敏さが要求される戦い。

女性陣のレベルはというと、
参加条件が27歳~なので全体的に年齢層が高く
その一点だけで厳しいものだった。
男女ともに負のオーラが充満していた。
俺も早く一流の恋愛プレイヤーになりこのステージから脱したい。

 

1巡目 乾杯前に話したおばちゃんと、
アラサーSE(乃木坂46川村真洋似)とライン交換。
のちにこの2人からラインで2次会に誘われる。

2巡目 さっそく場所取りに失敗し消化試合に終わる。
そもそもかわいい子が一人もいなかった(負け惜しみではない笑)。

3巡目 スタートダッシュをし1巡目のテーブルにいた時から
気になっていた子(乃木坂46桜井玲香)の横をキープ。
しかし至近距離で見るとそれほどかわいくもなく、
また話も盛り上がらなかった(負け惜しみではない笑)。
むしろこの3巡目には他にもそれなりにかわいい子が多く
自分の選球眼の甘さを恨んだ。

4巡目 またしても場所取りに失敗し消化試合に。
と思ったら、俺の対角線には明らかにオーバー30ではあるが
そこそこ綺麗な2人組が誰からも話しかけらず2人で話し込んでいた。
(周りの男はいったい何をしてるんだ!)
俺はルール違反ではあるが、5巡目を捨てその2人組と話すことに。

「なにもう2人で反省会しちゃってるの?」

俺に話しかけれた彼女たちは喜んでいるようだった(本当だ笑)。
しかし俺が話していると後の組の男たちが溢れることになる。
事実男が3人ほどぼっち状態になっていた。
さすがに申し訳なく途中でライン交換し切り上げる。

5巡目 そのあとトイレに行ったので結局不参加。

フリータイム
足が動かない。
これは言い訳ではなく積極的に話しかけたい子がいない。
3巡目にいたかわいこちゃんは他の男に横をキープされている。
女性からも話しかけられたが適当に相槌打っていたら離れていった。
そもそも結婚する気もないのにアラサー女を1、2回食事に誘って
それでエッチしてどうなる?
(結局のちにそれをすることになるのだが笑)
フリータイムの残り15分ではもっともやってはいけない
同性同士での反省会をしてしまった…。

16時。試合終了。ゲームセット。
終盤は戦線放棄してしまったが、
気を取り直して俺がすべきことは出口で待ち構えて
一人で帰る子に声をかけること。

ちなみに2次会の誘いもいただいていたが、
夜は他の街コンで知り合った子との
アポがあったのでこちらは断らざるを得なかった。

さっそくエレベーターを待っていた子に声をかける。
(アラサー、AKB伊豆田莉奈似)

「おつかれさま!今日いい男いた?」

ううん、と首を横に振る伊豆田。

「じゃあ最後に俺と話せてよかったね笑」

伊豆田は笑って
「え~どうかな~」

こんな感じで銀座駅まで一緒に帰った。
本当はカフェにでも入りたかったが
アポがあったから仕方がない。
いい男がいなかったという伊豆田と後日アポる約束をする。

とにかく最後まで粘ることが大事。

成果:ライン交換 8 アポ2(1順目のSEと伊豆田)